Linuxサーバー

【Linuxサーバー構築(CentOS 7)】Apacheに最新のPHP実行環境をインストール

Linuxサーバー

WebサーバーApacheのインストール手順については、次の記事をご覧ください。
【Linuxサーバー構築(CentOS 7)】最新バージョンのApacheのインストールと設定 (HTTP/2 & SSL対応)

Apacheのインストールが完了したら、PHPをインストールします。

すでにPHPがインストールされているか確認

使用しているサーバーにPHPがインストールされているかどうか確認します。
PHPのバージョンを確認しましょう。

# php -v

バージョン番号が返ってくればPHPがインストールされています。
yumでどのようなPHP関連のパッケージが含まれているか念のため確認しましょう。

# yum list installed | grep php

PHP関係のパッケージを一括削除しましょう。

# yum remove php*

remiリポジトリのインストール

PHPはremiリポジトリで配布されているため、remiリポジトリをインストールしましょう。

# yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

リポジトリのインストールを確認します。

# cd /etc/yum.repos.d
# ls

「remi-*.repo」というファイルが多数存在すれば、remiリポジトリがインストールされています。
なお、PHP関係のリポジトリは、次のようにバージョンで分かれています。
2019年12現在では、「remi-php74.repo」が存在するので、PHP7.4までインストール可能であることが分かります。

remi-php54.repo
remi-php70.repo
remi-php71.repo
remi-php72.repo
remi-php73.repo
remi-php74.repo

PHPをインストール

php-mcryptモジュールをインストール場合は、その前にlibmcryptモジュールをインストールしておきます。

PHP7.3をインストールする場合

# yum -y install --enablerepo=epel libmcrypt
# yum -y install --enablerepo=remi,remi-php73 php php-devel php-mbstring php-mcrypt php-pdo php-gd php-xml

PHP7.4をインストールする場合

# yum -y install --enablerepo=epel libmcrypt
# yum -y install --enablerepo=remi,remi-php74 php php-devel php-mbstring php-mcrypt php-pdo php-gd php-xml

インストールする各モジュールは次の通りです。
php:PHP 本体(必須)
php-devel:PHP開発・コンパイル関係
php-mbstring:mbstring(マルチバイト文字)関係
php-mcrypt:暗号化関係
php-pdo:PDO(DB接続)クラス群
php-gd:GD(画像処理)
php-xml:XML処理

インストール完了の確認

PHPのバージョンを表示することでインストールが完了されたかどうかを確認しましょう。

# php -v
7.4.1 (cli) (built: Dec 17 2019 16:35:58) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies

バージョン番号が表示されればインストール完了です。

-Linuxサーバー
-, ,

Copyright© ハッピー・プログラミング・ライフ , 2020 All Rights Reserved.