WordPress

【WordPress】自作関数をfunctions.phpとは別ファイルに記述する方法

WordPressロゴ

WordPressのオリジナルのfunctions.phpと自分が書いたプログラムを分離する方法について説明します。

自作のfunctions.php用コードを別ファイルとして作成

例えば「functions-of-mine.php」という名前のファイルを作成します。
このファイルに自作のWordPress用のショートコード やフィルターなどの関数を書きます。

functions.phpに読み込み処理を追加

functions.phpの一番最後に「functions-of-mine.php」がfunctions.phpに読み込まれるよう、以下のPHPコードを追加します。

//### WordPress自作関数ファイルの読み込み ###
$myFunctionsFile = dirname(__FILE__) . '/functions-of-mine.php';
if (file_exists($myFunctionsFile)) {
  require_once ($myFunctionsFile);
}

応用編:複数の自作関数ファイルをフォルダ内にまとめる方法

WordPressの規模が大きくなると、自作関数も多くなり、自作関数ファイルも機能ごとに分けたいという場合があるかもしれません。
そのような場合は、functions.phpと同じ場所に置くのではなく、例えばfunctionsというフォルダを作って、その中に自作PHPを置くと纏まりますので便利です。
具体的には、次のようなフォルダ階層になります。

テンプレートフォルダ/
 +- functions.php
 +- functions/
   +- functions-of-mine-1.php
   +- functions-of-mine-2.php
   +- functions-of-mine-3.php

functions.phpの最後に次のように記述します。

//### WordPress自作関数ファイルの読み込み ###
$myFunctionsList = glob(dirname(__FILE__) . '/functions/*.php');
foreach($myFunctionsList as $file) {
  require_once ($file);
}

これで、functions/フォルダ内にある全てのPHPファイルをfunctions.phpに読み込むことができます。

楽しいWordPressライフをお過ごしください^^

-WordPress
-, ,

Copyright© ハッピー・プログラミング・ライフ , 2020 All Rights Reserved.