PHP PHP入門講座 プログラミング

【PHPプログラミング入門講座】PHPタグの書き方と終了タグの省略

PHPプログラミングのキービジュアル

PHP実行エンジンのプログラム処理について

これまではHTMLの中にPHPを組み込む書き方について説明をしました。

<!doctype html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Test</title>
  </head>
  <body>
    <p><?php echo 'This is a pen.'; ?></p>
  </body>
</html>

この場合、PHP はHTMLソースを解析して開始タグと終了タグ (<?php と ?>) を探します。
そしてタグが見つかると、PHP実行エンジン(PHP本体)はプログラム処理の実行を開始したり終了したりします。

HTMLを書かなくてもブラウザに表示できる

Webサイトのプログラムを開発する時は、Webサイトのデザインを表示するためにはHTMLを記述しなければなりませんが、ちょっとした処理結果を確認したいだけであれば、次のようにHTMLを書かなくても、ブラウザで動作確認することはできます。

<?php echo 'This is a pen.'; ?>

(今後の本講座のサンプルプログラムは、読みやすさを向上させるために、HTMLを記述する必要がない場合は省略することにします。)

PHPの開始タグと終了タグは同じ行に書かなくてもOK

PHPの開始タグと終了タグは、必ずしも同じ行に書く必要はありません。
例えば、

<?php echo 'This is a pen.'; ?>

のようなPHPプログラムは、次のように複数行に分けて記述する事もできます。

<?php
  echo 'This is a pen.';
?>

状況に応じて、書きやすい、読みやすいPHPプログラムの書き方をすると良いです。

PHPの終了タグの省略

<?php
  echo 'This is a pen.';
?>

のように、PHPの終了タグの後ろに、HTMLなど何も出力する文字がない場合は、次のようにPHP終了タグを省略する事ができます。
(開始タグは必須です)

<?php
  echo 'This is a pen.';

この記述方法は、PHPの公式サイトでも推奨している記述方法です。
公式サイトでは、次のように書かれています。

ファイルが PHP コードのみを含む場合は、ファイルの最後の終了タグは省略するのがおすすめです。 終了タグの後に余分な空白や改行があると、予期せぬ挙動を引き起こす場合があるからです。 余分な空白や改行のせいで PHP が出力バッファリングを開始し、その時点の内容を意図せず出力してしまうことになります。

引用元URL: https://www.php.net/manual/ja/language.basic-syntax.phptags.php

よって、本講座でも、状況により、PHPの終了タグを省略する記述方法を使うことにします。

PHPプログラミング入門講座 〜 全記事一覧 〜

-PHP, PHP入門講座, プログラミング
-, , ,

Copyright© ハッピー・プログラミング・ライフ , 2020 All Rights Reserved.