PHP PHP入門講座 プログラミング

【PHPプログラミング入門講座】[解答と解説] 条件分岐 (if文)

PHPプログラミングのキービジュアル

[解答と解説] 条件分岐 (if文)

前ページの練習問題「【PHPプログラミング入門講座】[練習問題] 条件分岐 (if文)」の解答&解説です。
練習問題が解けたら、このページで答え合わせをしてみましょう!

なお、プログラミングの場合は、学校の勉強と違い、調べながらプログラムを動かして答えてもOKです。
記憶するのではなく、アウトプットするのが、プログラミング上達の最良の方法です。

練習問題1

次のPHPプログラムの[A]の部分に、if文を使って、
もし$myAnswerの値が12だったら「正解です。」と表示し、
そうでなければ「不正解です。」と表示する
PHPプログラムを記述してください。

<?php
  $myAnswer = 11;
  echo '5+7はいくつですか?<br>';
  echo $myAnswer . 'です。<br>';
  [A]

練習問題1の解答と解説

<解答>

<?php
  $myAnswer = 11;
  echo '5+7はいくつですか?<br>';
  echo $myAnswer . 'です。<br>';
  if($myAnswer == 12) {
    echo '正解です。';
  } else {
    echo '不正解です。';
  }

<解説>

「もし〜であれば、そうでなければ...」の場合は、「if 〜 else ...」を使います。
書いたプログラムは実際にブラウザで動作確認みてくださいね。
また、最初の変数$myAnswerへ代入する値を12に変えて動作確認してみてください。

練習問題2

次のPHPプログラムの[A]の部分に、if文を使って、
もし$strの値が'C'だったら「正解です。」と表示し、
そうではなくもし$strの値が'B'だったら「おしい。正解はその次のアルファベットです。」と表示し、
そうではなくもし$strの値が'D'だったら「おしい。正解はその前のアルファベットです。」と表示し、
いずれでもなければ「不正解です。」と表示する
PHPプログラムを記述してください。

<?php
  $str = 'C';
  [A]

練習問題2の解答と解説

<解答>

<?php
  $str = 'C';
  if($str == 'C') {
    echo '正解です。';
  } else if($str == 'B') {
    echo 'おしい。正解はその次のアルファベットです。';
  } else if($str == 'D') {
    echo 'おしい。正解はその前のアルファベットです。';
  } else {
    echo '不正解です。';
  }

<解説>

比較演算子「==」を使った文字列の比較になります。
「もし〜」の条件を2つ以上使う場合は、2つ目からは、「 if 」ではなく「 else if 」を使います。
書いたプログラムは実際にブラウザで動作確認みてください。
また最初の変数$strに代入する文字列をいろいろなアルファベットに変えてみて、結果がどうなるか実際に手を動かして体感してみてくださいね。

おわりに

お疲れ様でした。
いかがでしたでしょうか?

もし間違えた練習問題がありましたら、前の記事「【PHPプログラミング入門講座】条件分岐 (if文)」戻って読み直し、再度、練習問題にチャレンジしてください。

正解できた人は、おめでとうございます!
次の記事に進んでいきましょう!

PHPプログラミング入門講座 〜 全記事一覧 〜

-PHP, PHP入門講座, プログラミング
-, , , , ,

Copyright© ハッピー・プログラミング・ライフ , 2020 All Rights Reserved.