PHP PHP入門講座 プログラミング

【PHPプログラミング入門講座】[解答と解説] break

PHPプログラミングのキービジュアル

[解答と解説] break

前ページの練習問題「【PHPプログラミング入門講座】[練習問題] break」の解答&解説です。
練習問題が解けたら、このページで答え合わせをしてみましょう!

練習問題1

次の内容をPHPプログラムで書く場合、[処理A]の部分を埋めてください。

配列$listに対してforeach文でループ処理を行い、配列$listの要素で「A」を見つけたら「Aを見つけました!<br>」と出力し、foreach文のループ処理を終了する。

<?php
  $list = ['P','R','O','G','R','A','M','M','I','N','G'];
 
  foreach($list as $name) {
    echo $name . '<br>';

    [処理A] 
 
  }

練習問題1の解答と解説

<解答>

<?php
  $list = ['P','R','O','G','R','A','M','M','I','N','G'];
 
  foreach($list as $name) {

    if($name === 'A') {
        echo 'Aを見つけました!<br>';
        break;
    }
 
  }

<解説>

「配列$listの要素で『A』を見つけたら」は、「もし変数$nameの値が『A』だったら」ということですので、if文を使って変数$nameの値が「A」と等しいかどうかを判定します。
そして、「Aを見つけました!<br>」を出力してから、breakによりforeachループから脱出すればOKです。

練習問題2

次の内容をPHPプログラムで書く場合、[処理A]の部分を埋めてください。

14と15の最小公倍数を求める。
(最小公倍数とは、14と15の両方で割り切れる最小の数字のことです。)
最小公倍数が分かった時点で「**は14と15の最小公倍数です。<br>」と出力し、ループ処理を終了する。
(**の部分には、最小公倍数を出力してください。)

<?php
  $total = 0;
 
  while($total <= 1000) {
    $total += 14;
 
    [処理A]

  }

練習問題2の解答と解説

<解答>

<?php
  $total = 0;
 
  while($total <= 1000) {
    $total += 14;
 
    if($total % 15 == 0) {
      echo $total . 'は14と15の最小公倍数です。<br>';
      break;
    }
 
  }

<解説>

変数$totalは初期値0で、whileループの中の「$total += 14;」の処理で、14を足し続けますので、常に14の倍数(14で割り切れる数字)になります。
その上で、最初に15で割り切れる数字だった場合は、その数字は14と15の最小公倍数になります。

というような処理になるので、変数$totalの値が15で割り切れるかどうかをif文を使って判定します。
対象となる数値が割り切れるかどうかを判定するには、余りを計算する代数演算子「%」を使い、余りが0かどうかをif文を使って判定します。
よって、if文の条件は「$total % 15 == 0」になります。

その次に「[求めた最小公倍数]は14と15の最小公倍数です。<br>」と出力し、breakによりwhileループから脱出すればOKです。

おわりに

お疲れ様でした。
いかがでしたでしょうか?

もし間違えた練習問題がありましたら、前の記事「【PHPプログラミング入門講座】break」戻って読み直し、再度、練習問題にチャレンジしてください。

正解できた人は、おめでとうございます!
次の記事に進んでいきましょう!

PHPプログラミング入門講座 〜 全記事一覧 〜

-PHP, PHP入門講座, プログラミング
-, , , , , , , , ,

Copyright© ハッピー・プログラミング・ライフ , 2020 All Rights Reserved.