PHP PHP入門講座 プログラミング

【PHPプログラミング入門講座】[練習問題] 論理演算子

PHPプログラミングのキービジュアル

[練習問題] 論理演算子

前の記事「【PHPプログラミング入門講座】論理演算子」の練習問題です。
チャレンジしてみましょう!

なお、プログラミングの場合は、学校の勉強と違い、調べながらプログラムを動かして答えてもOKです。
記憶するのではなく、アウトプットするのが、プログラミング上達の最良の方法です。

練習問題1

次の表の「式」に対して、「条件A」と「条件B」の結果(true / false)が変化した場合、「式の結果」はそれぞれどうなるでしょうか?
表内の(A)〜(D) に true / false のどちらか適切な値を埋めてください。

条件A 条件B 式の結果
条件A && 条件B true true (A)
true false (B)
false true (C)
false false (D)

練習問題2

次の表の「式」に対して、「条件A」と「条件B」の結果(true / false)が変化した場合、「式の結果」はそれぞれどうなるでしょうか?
表内の(A)〜(D) に true / false のどちらか適切な値を埋めてください。

条件A 条件B 式の結果
条件A || 条件B true true (A)
true false (B)
false true (C)
false false (D)

練習問題3

次の表の「式」に対して、「条件A」の結果(true / false)が変化した場合、「式の結果」はそれぞれどうなるでしょうか?
表内の(A)〜(B) に true / false のどちらか適切な値を埋めてください。

条件A 式の結果
!条件A true (A)
false (B)

練習問題4

次の文章の内容をPHPプログラムで書いてください。

変数$result1と変数$result2のいずれもがtrueの場合は、「正解です。」と出力し、そうでなければ「不正解です。」と出力してください。
(最初に変数$result1と変数$result2に値を代入する処理は、本来は必要ですが、今回はif文の条件の記述の練習が目的のため省略してください。)

練習問題5

次の文章の内容をPHPプログラムで書いてください。

変数$numが20以上かつ40より小さい場合は、「範囲内です。」と出力し、そうでなければ「範囲外です。」と出力してください。
(最初に変数$numに値を代入する処理は、本来は必要ですが、今回はif文の条件の記述の練習が目的のため省略してください。)

練習問題6

次の文章の内容をPHPプログラムで書いてください。

変数$numが100以上ではない場合は、「100以上ではありません。」と出力し、そうでなければ「100以上です。」と出力してください。
(最初に変数$numに値を代入する処理は、本来は必要ですが、今回はif文の条件の記述の練習が目的のため省略してください。)

おわりに

お疲れ様でした。
解答は次の記事「【PHPプログラミング入門講座】[解答と解説] 論理演算子」に書いています。
できたら答え合わせをしてみましょう。

PHPプログラミング入門講座 〜 全記事一覧 〜

-PHP, PHP入門講座, プログラミング
-, , , ,

Copyright© ハッピー・プログラミング・ライフ , 2020 All Rights Reserved.