PHP PHP入門講座 プログラミング

【PHPプログラミング入門講座】[解答と解説] 代入演算子 / 加算子 / 減算子

PHPプログラミングのキービジュアル

[解答と解説] 代入演算子 / 加算子 / 減算子

前ページの練習問題「【PHPプログラミング入門講座】[練習問題] 代入演算子 / 加算子 / 減算子」の解答&解説です。
練習問題が解けたら、このページで答え合わせをしてみましょう!

練習問題1

次の(1)〜(5)のPHPプログラムのそれぞれの処理を「代入演算子」を使った処理に書き換えてください。

(1) $num = $num + 3;
(2) $num = $num - 3;
(3) $num = $num * 3;
(4) $num = $num / 3;
(5) $num = $num % 3;

練習問題1の解答と解説

<解答>

(1) $num += 3;
(2) $num -= 3;
(3) $num *= 3;
(4) $num /= 3;
(5) $num %= 3;

<解説>

代入演算子は、足し算は「+=」、引き算は「-=」、掛け算は「*=」、割り算は「/=」、余りは「%=」になります。

練習問題2

次のPHPプログラムを実行すると「ABCDEF」という文字列が出力されました。
[処理A]に当てはまるPHPプログラムを「結合代入演算子」を使って書いてください。

<?php
  $str = 'ABC';
  [処理A]
  echo $str;

練習問題2の解答と解説

<解答>

<?php
  $str = 'ABC';
  $str .= 'DEF';
  echo $str;

<解説>

文字列の結合演算子は「 . 」であり、結合代入演算子は「 .= 」になります。
実際に自分でこの解答に書いたPHPプログラムを動作させて確認してみましょう。
その後、文字列の内容を変えて、どのように変化するか動作確認してみましょう。

練習問題3

次のPHPプログラムと同じ処理を
(1)「代入演算子」で書く方法
(2)「加算子(インクリメント演算子)」で書く方法
の2通りで書いてください。

$num = $num + 1;

練習問題3の解答と解説

<解答>

(1) $num += 1;
(2) $num++;

<解説>

数値の変数に1を足す書き方は、3種類あることを覚えておきましょう。

練習問題4

次のPHPプログラムと同じ処理を
(1)「代入演算子」で書く方法
(2)「減算子(デクリメント演算子)」で書く方法
の2通りで書いてください。

$num = $num - 1;

練習問題4の解答と解説

<解答>

(1) $num -= 1;
(2) $num--;

<解説>

数値の変数から1を引く書き方は、3種類あることを覚えておきましょう。

おわりに

お疲れ様でした。
いかがでしたでしょうか?

もし間違えた練習問題がありましたら、前の記事「【PHPプログラミング入門講座】代入演算子 / 加算子 / 減算子」戻って読み直し、再度、練習問題にチャレンジしてください。

正解できた人は、おめでとうございます!
次の記事に進んでいきましょう!

PHPプログラミング入門講座 〜 全記事一覧 〜

-PHP, PHP入門講座, プログラミング
-, , , , , , , ,

Copyright© ハッピー・プログラミング・ライフ , 2020 All Rights Reserved.